安全情報 平成22年4月21日

在留邦人の皆様へ

日本大使館からのお知らせ(2010年4月21日)
~地下鉄・メトロバスにおけるひったくりの増加~

16日、当地ワシントンポスト紙は、地下鉄・バスにおいてひったくりの発生件数が増加しており、同交通機関を管轄するメトロ警察が警告している旨報じています。つきましては、同記事の概要につきまして次のとおりお知らせしますので、地下鉄・メトロバスを利用する場合には、犯罪に巻き込まれないよう十分注意を払って下さい。

1.ワシントンポスト紙報道
(1)メトロは、地下鉄・バスの利用者に対して、iPad、Kindles(電子書籍)、MP3及び携帯電話等の携帯型電子機器を狙ったひったくりが増加している旨を警告するための広告の掲示を開始する。

(2)高価な携帯型電子機器の利用増加が、一連の窃盗犯罪の増加に拍車を掛けている。メトロ警察によると、犯行の手口は、地下鉄・バスのドアが開くと、ドア付近に座っている人又は立っている人から奪い、走り去るという強引なものである。

(3)地下鉄・バスにおける強盗の発生件数は、2005年の約350件から、2009年の約900件へと急増した。2009年の最初の2か月間では、200件以上が発生しており、同犯罪の増加が継続していることを示している。

(4)Jeff Delinskiメトロ警察副本部長は、乗客に対して、「機器を他人から見えず、手の届かないポケット等にしまう。警戒を怠らず音響機器のボリュームを下げる。そして、機器を使用する際には、ドア付近に座ったり、立ったりしないことである」と、窃盗に遭遇する機会を減らすためのいくつかの手順について、アドバイスしている。

2.日頃からの安全対策について

日頃からの安全対策については、当館ホームページの安全情報欄にある『安全の手引き』(2009年11月改訂版)の「II.安全対策について」に記載してありますので、御参照下さい。

以上