安全情報 平成23年8月25日

在留邦人の皆様へ              

ハリケーン「アイリーン」(Hurricane IRENE)に対する注意喚起

 

2011年8月25日

1.8月25日14時40分現在,バハマ諸島北西部に位置するハリケーン「アイリーン」が強い勢力を維持したまま北東に移動していることから,世界気象機関及び米国等沿岸国はこれに対してハリケーン警報(Hurricane Warning)及び注意報(Hurricane Watch)をそれぞれ発出し,注意を呼びかけています。ハリケーン「アイリーン」は,今後,大西洋上を北上し米国東部沿岸地区へ接近することが予想されます。

2.つきましては,ハリケーンの被害を受ける可能性がある米国東部に渡航・滞在を予定されている方は,下記ウェ ブサイト等より常に最新のハリケーン情報の入手に努め,今後,進路等の変更に留意の上,安全確保に十分注意してください。 

3.万一,ハリケーンによる被害に巻き込まれた場合には,安否の状況について日本の留守家族に連絡し,支援が必要な場合には,最寄りの日本国大使館又は総領事館にご相談ください。

4.ハリケーンに関する関連情報

ハリケーンの進路等に関しては、以下の関連サイトをご参照下さい。 

・ウェザー・チャンネル( http://www.weather.com/

・米国ナショナル・ハリケーン・センター( http://www.nhc.noaa.gov/

・世界気象機関( http://severe.worldweather.wmo.int/ )