安全情報 平成23年11月3日

在留邦人の皆様へ

大使館からのお知らせ(2011年11月3日)
~DC市内における発砲事件の発生~
 

当地報道によれば,ハローウィンで街が賑わった10月31日夜から11月1日未明にかけ,DC市内において5件の発砲事件が発生し,計6名の一般人が負傷しています。これら5件の事件に関連性はないようですが,DC市内に限らず米国は銃の所持が許される社会です。
つきましては,日本とは違う環境にあることを再認識の上、夜間の不要不急な外出や治安が悪いとされる地域への立ち入りを避け,外出時には周囲の人物に対し必要な警戒を怠らないなど,犯罪に巻き込まれないよう十分ご注意願います。

1 事件概要
(1)10月31日午後8時15分
Florida Ave. and Staples St. NEにおいて,16歳の男性が緑色のSUVを運転しスキーマスクをかぶった者にけん銃で撃たれ負傷した。

(2)10月31日午後9時4分                   
Georgia Ave. and Decatur St. NWにおいて,16歳と19歳の男性が何者かにけん銃で撃たれ足を負傷した。

(3)10月31日午後10時8分
800 block of Crittenden St. NWにおいて,18歳の女性が何者かにけん銃で撃たれ足首を負傷した。 

(4)10月31日午後10時49分
2800 block of M St. NWにおいて,2つの少年グループ間の口論を発端として,グループ内の17歳の男性がけん銃で頭を撃たれ重体となった。 

(5)11月1日午前1時35分
4200 Barnaby Rd. SEにおいて,44歳の男性が何者かにけん銃で撃たれ足を負傷した。

 2 日頃からの安全対策について
当館ホームページ安全情報欄の「安全の手引き」も参照いただき,「自分の身は自分で守る」との意識のもと、日頃の安全対策には十分御留意願います。