安全情報 平成27年9月3日

在留邦人の皆様へ

平成27年9月3日

ワシントンDC北西地区でのメトロ車両内における幼女誘拐未遂及び
ノースベセスダ地区での下校途中の女児へのつきまとい事件の発生について

1.事件概要

(1)8月31日(月),メリーランド州モンゴメリー郡ノースベセスダ地区のLuxmanor School付近のバス停(Tilden Lane・Luxmanor Road)で,下校途中の女児が,車に乗った白人男性に車に乗るよう声を掛けられた後,帰宅までの間,つきまといの被害に遭うという事件が発生しました。

 モンゴメリー郡警察によると,当該車両は,ゴールド色の古い型のセダンであり,被疑者は年配の白人男性(訛りあり)であったそうです。

 お子様を通学させている在留邦人の皆様におかれましては,登下校時,お子様を単独行動させず,集団行動をとり,不審人物を見かけた際にはすぐに警察,または付近の大人やご家族の皆様に連絡をするようご指導ください。

(2)9月2日(水)午前9時30分過ぎ,メトロのオレンジラインが,Foggy Bottom駅に到着する際車両内で,ストローラー(乳母車)に乗った2歳の幼女が女性被疑者に誘拐されそうになるという事件が発生しました。

 現場を目撃した別の乗客により,被疑者は現行犯逮捕され,未遂に終わりましたが,在留邦人の皆様におかれましては,外出時にお子様から目を離されないよう,くれぐれも御注意ください。

2.日頃からの安全対策について 

  在留邦人の皆様におかれましては,この地域に限らず,どこにいても凶悪な事件が発生し得ることを頭の片隅に置いて,昼夜を問わず,外出する際には,周囲の人物に対する必要な警戒を怠らないなど,事件に巻き込まれることのないようくれぐれもご注意ください。

 当館ホームページ安全情報欄の「安全の手引き」も参照いただき,「自分の身は自分で守る」との意識のもと,日頃の安全対策には十分御留意願います。