医療情報 平成24年2月16日

邦人の皆様へ

大使館からのお知らせ(2012年2月16日)
~ ジョージ・ワシントン大学でのノロウイルス感染者の発生 ~


   DC市内のジョージ・ワシントン大学は, 2月13日から15日までに, 同大学のノロウイルス感染者が85人に達したと発表しました。

 現時点での感染源及び感染経路は不明ですが, ノロウイルスは食物等から経口感染し, 嘔吐,
腹痛, 下痢, 発熱などの胃腸炎症状を引き起こします。

 これらの症状は通常1~2日で治まりますが, 免疫力の低下した人や高齢者, 乳幼児については
長引き重症化することもありますので, 医療機関を受診するなど適切な対応が必要です。

 なお, 感染予防には, 充分な手洗いとすすぎが重要ですので, 皆様におかれましても手洗いを
励行の上, ご自身, そして御家族の健康管理に十分御留意くださいますようお願いいたします。