外国人との婚姻による氏の変更届 方法と変更日

婚姻の変更の方法と変更日についての注意事項

  • 日本国内で市区町村役場に届け出る場合と同様、最寄りの日本大使館/総領事館に届出をすることによっても外国人との婚姻による氏の変更が成立します。

  • 当館が届書を受理した日(大使館領事班が届出書を正式に受け取った日:休館日を除く大使館の業務日)が、外国人との婚姻による氏の変更の日となります。

  • 日本の家庭裁判所の許可を得ないで行う「氏の変更届」は、婚姻の日から数えて6ヵ月以内に届け出なければなりません。詳しくは、届出の期限のページをご覧下さい。外国人の方と結婚して、戸籍の氏の変更を希望する場合は、結婚した後できるだけ早目に届け出るようにお願いします(婚姻届と同時に、結婚して3ヶ月以内に提出されることをお勧めします。婚姻届と別々に氏の変更届を提出するときは戸籍謄(抄)本が4通、婚姻届と同時に提出する場合は2通必要となります)。

  • 一度提出した「氏の変更届」を取り消すことはできませんので、よく考えた上で届出書を提出してください。日本のパスポートの氏名は、戸籍をもとに作成されます。戸籍上の氏の変更をした場合は、パスポート上はカッコ付きでない氏の記載となり、戸籍上の氏の変更をしない場合は、戸籍上の氏の後に続けてカッコ書きで外国人配偶者の氏をパスポートに記載することができます(例えば、GAIMU(LAST)というように記載できます)。パスポート上の氏の記載については、外国式の名前の表記のページをご覧下さい。なお、外国人との婚姻中に生まれた子の戸籍上の氏は、日本人親(父または母)と同じ氏となります。

  • なお、在外公館(大使館・総領事館)では、氏(姓)の変更届を受け付けできますが、名(ファーストネーム)を変更することはできません。旧姓をミドルネームのように名の中に入れたいという希望のある方は、日本国内の家庭裁判所へご相談ください。