| English
 
 
戸籍・国籍の案内
出生届死亡届婚姻届
離婚届
養子縁組届
 
 
国籍の選択
国籍喪失届
国籍離脱届
 
参考リンク↓
自治体マップ
法務局
東京家庭裁判所
ワシントンDC裁判所
バージニア州裁判所
メリーランド州裁判所
 
在米各総領事館案内
 
 
戸籍/一般情報
1.届書用紙の入手
 
 

届書の用紙はダウンロードできません。窓口で直接受け取るか、下記の要領にて郵便によりご請求ください。なお、届出期限(出生日から3ヶ月の出生届など)の迫っている方は、郵送ではなく直接当館窓口へ届書用紙を取りに来ていただくか、戸籍係まで電話にて至急ご相談ください。当館では、ワシントンDC、メリーランド州、バージニア州にご在住の方のみのお取り扱いとなりますのでご了承下さい。それ以外の地域の方はそれぞれへご照会ください。


http://www.us.emb-japan.go.jp/j/images/sq2_cyan.gif 請求先

戸籍係(←必ず明記してください)
Consular Section/Embassy of Japan
2520 Massachusetts Avenue, NW
Washington, D.C. 20008
(電話202-238-6800)

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/images/sq2_cyan.gif 同封するもの

届書請求シート

 

こちらの請求シートhttp://www.us.emb-japan.go.jp/j/images/pdf.gifをダウンロードして必要事項をご記入の上お使い下さい。

 

  • ファイルを開くためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。無料ダウンロードはこちらから。
  • また英語版のAcrobat Reader 4.0をお使いの方は、Asian Font PacksのJapaneseをダウンロードすると日本語でPDFをご覧いただけます。

返信用封筒 (当館より届書を送付するための封筒。1人毎に用意してください。)

 

大きさ:

9-1/2×12-1/2インチくらいの未使用封筒 (A4サイズ[レターサイズより少し縦長]の届書が折らずに入る大きさ)。

 

宛先:

ご自分の氏名と住所を英語で正確に記入してください。

 

切手:

現行料金切手もしくは、Forever Stamp(切手)3枚(出生届のみ4枚)を返信用封筒に貼ってください。
<注意>上記は、届書2枚1組[1人分]を送るための切手ですので、双子または婚姻で従前と違う新本籍設定にて2枚以上もしくは1人分以上の送付を希望する場合は、その追加分だけ送付切手を増やしてください。

請求後1週間経っても大使館から書類が届かない場合は、戸籍係へお問い合わせ下さい。

 

 
2.戸籍謄(抄)本
     
 

戸籍謄(抄)本の入手は在外公館(大使館や総領事館)を通じて行うことはできません。本籍地の市区町村役場戸籍係に直接お問い合わせください。


 
3.米国政府発行の各種証明書
     
 

米国籍配偶者の出生証明書など米国政府発行の各種証明書の取得方法について下記ご参照ください。


4.届出の方法
     
 

ワシントンDC及び近郊 (メリーランド州、バージニア州)にお住まいの方は当大使館へ直接または郵送で届け出てください。その他の地域にお住まいの方はそれぞれ管轄の総領事館へ届け出てください。

届出書類を発送した際には、発送後2~3日以内にその旨を戸籍係(電話:202-238-6700)までお電話にて必ずお知らせ下さい。

日本の本籍地役場に郵送または親族経由で届け出ることもできます。詳しくは、本籍地役所の戸籍係へ直接ご相談ください。

 

5.戸籍に記載されるまで
 
 

ステップ1.在外公館受付の各種届は、まず定期便にて外務省へ送られます。

ステップ2.外務省でも届書の内容の再度チェックがなされます。

ステップ3.外務省から本籍地の市区町村役所へ送られます。

ステップ4.本籍地役所の戸籍係により届書内容の再チェックがされます。

ステップ5.さらに本籍地役所を管轄する法務局にて最終的なチェックがされます。

上記過程にて補正/訂正箇所判明の際は、受付公館へ返却されます。よって、各チェックポイントでの内容チェックおよび郵送などに多少の時間を要することになります。

さらに本籍地役所は、各届出人に対して、戸籍に記載が完了した旨の通知をする義務がないことから、当館でも正確な戸籍の記載時期についての情報がありません。よって、戸籍に記載まで約1ヶ月から1ヶ月半程掛かると予測しています。頃合を見て、大使館ではなく、ご自分の本籍地役所(本籍変更の場合は、新本籍地)の戸籍係へ直接お問合せ下さいます様お願い致します。

日本国籍をお持ちの方(二重国籍を含む)は、日本の出入国には日本のパスポートを使います。新生児および婚姻後に戸籍に変動の生じた方などは、日本のパスポートを申請する際には、戸籍謄(抄)本の提出が必要となりますので、一時帰国などの予定のある場合は、早めに出生届、婚姻届等を提出してください。

その他の届に関しても特にお急ぎの方は、本籍地役所の戸籍係にご相談の上、日本へ直接届け出ることをお勧めします。届出人が記入し、署名および押印/拇印(ぼいん)した届書を届出人に代わってご家族が窓口に持参する事も可能です。

その上で、不測の事態により帰国が迫っていてパスポートが至急必要な場合などは、お早めに当館旅券係および戸籍係までご相談下さい。状況によっては、パスポートに代わり「帰国のための渡航書」の申請ができる場合があります。


注:当ホームページの内容は、予告なしに変更になる事もありますので、常に最新の情報をご確認下さいますようお願いいたします。また、掲載する内容に限りがありますので、質問のある方は当館へお問い合わせください。

 

 
 

 

 

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |