「申出書」記入上の注意

【婚姻解消事由(死亡事項)の記載方に関する申出書】

申出書記入例と照らし合わせながら下記をご確認ください。(注:申出書と左上に太字で記載されているA4サイズの用紙《レターサイズより少し大きい1枚紙》のことを「申出書」または「届書」と表現します。)

申出書はすべて日本語で記入して下さい(現住所の部屋番号を除く)。申出書は永年保存されますので、鉛筆や消えやすいインクで書かないで下さい。

申出書に記入ミス・記入漏れがありますと正式に受け付けできません。訂正個所に押印(拇印)が必要なため申出人に届書を普通郵便で返送いたします。返送扱いとなると、郵便等でのやり取りとなりますので、死亡の事実の戸籍への記載が遅れますがご了承下さい。

申出書に記載された文字等を訂正・削除するときは、ホワイトアウト(修正液、修正テープ)等は使用できません。訂正前の文字が判別できるよう誤字の上に二重線を引き、その二重線の上に捺印をして訂正・削除して下さい。文字を追加する場合にも捺印をして下さい。

印鑑をお持ちでない場合は、拇印(右手親指)をして下さい。朱肉をお持ちでない方は、可能であれば黒色を避け、赤色か紫色等のスタンプ・インクをご用意ください。訂正個所に訂正印がないものは受け付けられません。

以下の注意点をよく読んで、記入ミス等のないようにお願いします。記入に際して、不明な点がありましたら、戸籍係にご照会ください。

【申出書用紙左上の届出年月日

原則として本籍地の長(具体的には役所へ)または在外公館長(大使館や総領事館の長)が申出書を受付ける日です。ただし休館日を除きます。

郵送で提出する場合は、申出書を実際に記入した日(投函日以前の日)を書いて下さい

窓口へ持参の場合は、窓口へ提出した日(戸籍係が受け付けた日)となります。なお、死亡の事実を知った日から数えて3ヶ月以上経った後に届書を提出する場合は、届書と同じ通数の遅延理由書の提出が必要です。なお、年は元号(平成)で記載します(西暦2009年は平成21年です)。

【死亡者の氏名欄】

死亡者の氏名

外国人の氏名は、配偶者である日本人の戸籍の身分事項欄に記載されている外国籍配偶者氏名をそのとおりにカタカナ等で記入してください。
なお、英文死亡証明書に記載の氏名の読み方と戸籍上の外国人配偶者の氏名の読み方が万が一異なる場合は、申述書を死亡届書と同じ通数提出してください。

申述書(外国人配偶者氏名)



【死亡者の生年月日欄】

死亡者の生年月日

外国人配偶者の生年月日は、西暦で記入します。

【死亡者の住所欄】

死亡者の住所

(a)死亡した人の住所を日本語(漢字、カタカナ、ひらがな)で日本式に国名から番地まで記入
  
して下さい(以下(b)及び(c)参照)。アパート等の部屋番号がある場合は、「番地/番」の後に
記入して下さい(部屋番号(記号)だけはアルファベット使用可)。
郵便番号(Zip Code)は、記入しないで下さい。


(b)郡市町村についても各自で確認をした上で、△△郡や〇〇市などと記入して下さい。届書に市
や町の行政区画単位が記入されていないと受け付けられませんので、必ず記入して下さい
(ご不明な場合は、記入前に戸籍係にお電話ください)。

(c)英語の現住所(通常は、 Mailing Address)には表われないCounty(郡)名が死亡証明書には
記載されていることがあります。例えば、英語の現住所表記にはないMontgomery (County)を
日本語でモンゴメリー郡と訳して記入してください。

《例》
・ 2520 Massachusetts Ave., NW, Washington, DC
→ アメリカ合衆国コロンビア特別区ワシントン市北西マサチューセッツ通り 2520番地
・ 9901 Medical Center Drive, Rockville, Montgomery, MD
→ アメリカ合衆国メリーランド州モンゴメリー郡ロックビル市メディカルセンタードライブ
9901番地
・ 3300 Gallows Road, Falls Church, Fairfax, VA
→ アメリカ合衆国バージニア州フェアファックス郡フォールスチャーチ市ギャロウズ通り
3300番地
・ 1701 N. George Mason Dr., Arlington, VA
→ アメリカ合衆国バージニア州アーリントン郡北ジョージメイソン通り 1701番地



【死亡者の国籍欄】

死亡者の国籍

死亡した人の国籍は、日本人配偶者の戸籍の身分事項欄に記載の外国人配偶者の国籍をカタカナ等(アメリカ合衆国などと)で、そのとおりに記入してください。

【上記の者は、で始まる申出事項欄について】

死亡の日

死亡の日時は、英文死亡証明書記載の死亡の日を「昭和、平成などの元号(げんごう)」で記入します(例えば、西暦2009年は平成21年)。元号での年が不明の場合は、満年齢と西暦早見表をご覧ください。

死亡の時間

死亡の時間は、相続問題にも影響のある重要な記載事項の一つです。英文死亡証明書に記載のとおりに正確に記入して下さい。証明書に記載漏れがある場合は、発行官庁に必ず証明書の訂正をしてもらった上で、正しい証明書をご提出下さい。

申出書記入の際は、24時間制ではなく、12時間制で記入してください。
夜中の12時は午前0時。昼の12時は午後0時
となります。

《例》 英文死亡証明書  AM12:45 → 抄訳文/申出書 午前0時45分
英文死亡証明書  PM12:35 → 抄訳文/申出書 午後0時35分

死亡の場所

上記【死亡者の住所欄】をご参照の上、記入してください。

死亡原因

英文死亡証明書の直接的原因の和訳をそのとおりに記入してください。専門用語の訳が判り難い場合、戸籍係にご相談の上、空欄でご提出いただくことも出来ます。

夫または妻の死亡事項

婚姻解消事由として、夫 妻 の死亡事項を記載、死亡を証するという文面の夫または妻のどちらか該当するところを○で囲んで下さい。

【添付書類欄】

添付書類

「死亡証明書添付」と記入して下さい。

【申出人欄】

申出人住所

(a)死亡した人と同じ住所の場合は、死亡者の住所に同じとご記入下さい。
(b)死亡した人と違う住所の場合は、上記【死亡者の住所欄】をご参照の上、記入して下さい。


本籍

日本人の本籍は、戸籍に記載されている本籍を記載のとおりに記入してください。なお、ハイフンなどの記号を使用することは出来ません。また、番地か番のいずれかを○で囲むか、不要な方を二本線で削除して下さい。

筆頭者(ひっとうしゃ)の氏名

戸籍に記載されている筆頭者(ひっとうしゃ。戸籍の一番始めに記載されている人のことを指します。)の氏名を、記載のとおりに記入してください。

生存配偶者の氏名および印

申出人が日本人夫または妻(申出義務者)については、その氏名を戸籍に記載のとおりに日本語(漢字、ひらがな、カタカナ)で本人が記名の上、押印して下さい。 なお、印鑑(三文判でも可)をお持ちでない場合は、拇印(右手親指)をして下さい。

生年月日

日本人の生年月日は、「昭和、平成などの元号(げんごう)」で記入します(例えば、西暦1932年は、昭和7年)。元号での年が不明の場合は、満年齢と西暦早見表をご覧ください。

【TEL/ADDRESS欄-申出人の連絡先及び電話番号】

TEL(電話番号)

昼間連絡が可能な電話番号を記入して下さい。

ADDRESS(現住所)

申出人が死亡した人と同居の場合は、この英語の住所(英語表記)は、通常のMailing Addressではなく【死亡者の住所欄】の住所と一致する必要がありますので、ご注意下さい。英文死亡証明書にCounty(郡)名が記入されている場合は、そのとおりにCounty名もカタカナで(モンゴメリー郡などと)記入して下さい。
届出人が、死亡した人と同居していない場合は、米国滞在中の住所(英語表記で通常Mailing Address)を記入して下さい。