大使館メールマガジン 《第26号》 2012年3月8日

 

◎目次

平成24(2012)年度領事手数料の改定について(4月1日)

  1. 竜巻の発生に伴う注意喚起(外務省渡航スポット情報)
  2. 全米・カナダ邦人安否確認システムの終了について(3月末日)
  3. 遺産相続を名目とした国際的詐欺に対する注意喚起
  4. 「在留届」・「変更届」の提出励行のお願い
  5. 在外選挙登録のご案内
  6. 休館日のご案内

======================================
1.平成24(2012)年度領事手数料の改定について(4月1日)
======================================
外貨貨幣換算率の改定に伴い、旅券法及び外務省令に基づく領事手数料が、2012年4月1日
から下記のとおり改定になります。

4月1日以降に当館が正式に申請受付したものについて、以下の「平成24年度手数料」が適用
されますので、ご注意下さい。

申請手数料は、受領時に現金又はマネーオーダーでのみ受け付けます。
ただし、現金の場合は、おつりのないようにお持ち下さい。
マネーオーダーの宛先は "EMBASSY OF JAPAN"と なります。
クレジットカード、パーソナルチェック(小切手)等は受け付けられませんのでご了承下さい。


種別

新料金

・旅券(新規・切替 発給)

10年

$198.00

5年(12歳以上)

$136.00

5年(12歳未満)

$74.00

・旅券(記載事項の訂正)

$11.00

・旅券(査証欄の増補)

$31.00

・旅券(渡航先追加)

$20.00

・旅券(渡航書の発給)

$31.00

・在留証明

$15.00

・署名証明

$21.00

・出生証明

$15.00

・婚姻証明

$15.00

・運転免許証抜粋証明

$26.00

・翻訳証明

$54.00

当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ryoji/fee2012.html

========================================
2. 竜巻の発生に伴う注意喚起(外務省渡航スポット情報)
========================================
米国南部及び中西部においては、例年4月から6月頃は竜巻(トルネード)が発生しやすく、死傷者を
含む甚大な被害が発生する可能性があります。以下のウェブサイト等から常に最新の気象情報の入手
に努め、十分な注意を払ってください。

外務省海外安全ホームページ:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2012C068
当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/anzen/kinkyu_taisaku.html
連邦緊急事態対処庁:( http://www.fema.gov ) 
米国ナショナル・ハリケーン・センター:( http://www.nhc.noaa.gov ) 
ウエザー・チャンネル:( http://www.weather.com ) 

========================================
3.全米・カナダ邦人安否確認システムの終了について(3月末日)
========================================
外務省は2011年7月より、オンライン安否確認システムを開設したことに伴い、本件システムを2012年
3月31日をもって運用を終了し、今後はオンライン安否照会システムへ置きかわりますのでご案内
します。

オンライン安否照会システム:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/online.html
全米・カナダ邦人安否確認システム(3月末日終了):http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/p/01.html

========================================
4. 遺産相続を名目とした国際的詐欺に対する注意喚起
========================================
上記に関する国際的詐欺事件が多発していますので、被害に遭わないよう十分ご注意下さい。

当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/anzen/kinkyu_bn/120227.html
外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/jikenbo/jikenbo47.html

========================================
5.「在留届」・「帰国・変更届」の提出励行のお願い
========================================
1.当館に「在留届」を提出されている皆様で、本邦への帰国や他公館の管轄区域へ転出を予定されている方は、「帰国・変更届」を提出願います。

2.届け出用紙は当館窓口に備え付けのほか、当館HPからダウンロードできます。また、「在留届」をインターネットによる外務省HP「ORRnet」を通じ提出された方は、同「ORRnet」より手続き可能です。

3.「在留届」は、緊急時の安否確認や旅券・証明書の発給などに利用されるとともに、政府が在留邦人の教育や医療等長期的な施策を検討する上での基礎的資料にもなっています。

4.なお、所属先での後任者など、お近くに新たに日本などから転入された方がいる場合には、当館への「在留届」の提出につき、ご助言くださいますよう併せお願いいたします。
詳細はこちら
当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zairyu_todoke/zairyu_top.html

======================================
6. 在外選挙登録のご案内
====================================== 

アメリカに住んでいても、皆さんの一票を日本の国政に反映させることができます!

衆議院小選挙区選出議員選挙、衆議院比例代表選出議員選挙、参議院選挙区選出議員選挙、参議院比例代表選出議員選挙と、それらの補欠選挙及び再選挙に投票できます。
海外において投票を行うためには、あらかじめ管轄の在外公館(大使館、総領事館)を通じて在外選挙人名簿への登録申請を行い、『在外選挙人証』を取得しておく必要があります。
DC、VA、MDにお住まいの方は、当館で登録手続きを行ってください。(申請手数料はかかりません)。通常、在外選挙人証の交付には、2、3ヶ月程かかります
選挙直前になって慌てて登録申請を行っても、在外選挙までに在外選挙人証の取得が間に合わない場合があります。登録手続きに関する詳細は、当館のウェブサイトからご覧ください。

当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zaigai_senkyo/senkyo_top.html

 皆様のご登録をお待ちしております。

◎既に登録がお済みの方
お手元に選挙人証はお持ちですか?住所変更記載内容に変更はございませんか?
選挙人登録がお済みでも、選挙人証がないと投票ができません。万が一、紛失した場合は、再発行ができますので、当館在外選挙係までお問合せ下さい。住所、氏名が変更になった場合も、速やかに選挙人証の変更手続きを行ってください。郵便投票をされる場合、選挙人証に記載の住所が古いままですと、郵便が届かず投票が出来ませんのでご注意ください。
『在外選挙人証』は、日本国内で住民登録をして4ヶ月が経過した場合や、日本国籍を喪失した場合などには、在外選挙人名簿から抹消されるため無効となります。
既に『在外選挙人証』をお持ちの方が、一時帰国した際に住民登録をされた場合、たとえ住民登録(転入届提出)をして4ヶ月以内に海外への転出届を提出(住民登録抹消)したとしても、住民登録の期間に関係なく、住民登録をして4ヵ月後に在外選挙人名簿から抹消されることとなりますので、改めて在外選挙人名簿への登録申請を行って、『在外選挙人証』を取得しなおす必要があります。また、日本国内に住民登録をしたまま3ヶ月経過すると、日本国内の選挙人名簿に登録され、日本国内居住者として日本国内で投票を行うこととなりますので、在外選挙制度の下での投票はできません。 

========================================
7.休館日のお知らせ(3月〜12月)
========================================
5月28日(月) Memorial Day (US)
7月4日(水) Independence Day (US)
9月3日(月) Labor Day (US)
10月8日(月) Columbus Day (US)、体育の日 (J)
11月12日(月) Veterans Day (US)
11月22日(木) Thanksgiving Day (US)
11月23日(金) Day After Thanksgiving (US*)
12月25日(火) Christmas Day (US)
12月31日(月) 年末休暇 (J)
US = 連邦政府の休日、US* = アメリカの休日、J = 日本の休日
※大使館の休館日は、1年間の総休館日数が日本国内の官公庁と同数になるよう、米国と日本の祝休日を考慮して決めています。年間を通しての休館日をお知りになりたい方は、次の当館ホームページをご覧願います。
当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/info/holidays.html


*******************************************************************************
当館に在留届を提出後、転居や家族構成の変更などにより「在留届」の記載事項に変更があったときや帰国する際は、必ず大使館領事部に「変更届・帰国届」を提出(FAX、郵送等)してください。在留届に関する詳細は、下記URLをご覧下さい。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zairyu_todoke/zairyu_top.html

配信に関する手続き、ご意見などは以下のホームページからお願いします。

<配信中止・配信先変更>
http:www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/us.html

<ご意見、ご感想、配信に関するお問合せなど>
日本大使館 領事班 メールマガジン係
Tel: 202-238-6700, Fax: 202-328-2184, Email: emb-consulate.dc@ws.mofa.go.jp
********************************************************************************

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |