大使館メールマガジン 《第27号》 2012年4月12日

 

◎目次?????

  1. 平成24(2012)年度前期用教科書の窓口配布について
  2. 平成24(2012)年度後期用教科書の申し込みについて
  3. ワシントンDC周辺における犯罪発生状況
  4. 「在留届」・「帰国・変更届」の提出励行のお願い
  5. 在外選挙登録のご案内
  6. 休館日のお知らせ(4月から12月)

========================================
1.平成24(2012)年度前期用教科書の窓口配布について
========================================
お申し込みされた保護者の皆様へ
前期用教科書窓口配布期間は以下の通りです。必ず期間内に当館領事班2番窓口にてお受け取りください。
窓口配布期間
2012年4月17日(火)〜5月16日(水)まで
来館の為当館の駐車場をご利用の方は、受け取りの前業務日までに、時間、車のプレート番号、色、車種、携帯番号をお知らせの上、予約をして下さい。
========================================
2.平成24(2012)年度後期用教科書の申し込みについて 
========================================
小学生の保護者の皆様へ
(ワシントンDC及びその近郊在住の方)
平成24年度(2012年度)後期用教科書のお申し込み受付を開始しました。ご希望の方は、以下当館HPにて詳細を確認の上、2012年5月4日(金)までに当館までお申し込み下さい。なお、教科書無償配布対象者は、日本国籍を保持し、海外に長期滞在する義務教育学齢期の子女となっています。永住者及び日系の子女は含まれませんのでご注意下さい(但し、永住権を取得しているものの将来日本での進学、又は就労する意思を持つ者は除く)。
※ワシントン日本語学校等補習授業校に在籍する児童生徒に対しては、学校より配布されますので、当館への申し込みは不要です。
申し込み受付期間
2012年4月12日(木)〜5月4日(金)まで

申し込み方法等の詳細は、当館ホームページをご覧下さい。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/education/education.html

========================================
3.ワシントンDC周辺における犯罪発生状況
========================================

以下当館HPの「犯罪対策」の内容を更新いたしましたので、御参照ください。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/anzen/crime.html
1.ポイント

  1. DC及び周辺において,凶悪犯罪(殺人,強姦,強盗,傷害)の発生は減少傾向にあるが,日本と 比較すると著しく多く発生している。(侵入盗事件は増 加傾向にある。)
  2. i-pod等の携帯端末をねらったひったくりや強盗事件が多発している。
    3.当館周辺やベセスダ等,従来治安が良いとされていた地域において強盗事件が増加している。

2.犯罪被害に遭わないために
◎ 常に周囲に注意を払い,警戒を怠らない。
早朝や夜間など,人気の少ない時間帯の行動を避けるとともに,できるだけ単独での行動や華美な服装は避ける。
(1)周囲への注意が散漫になることから,携帯電話や携帯音楽プレイヤー等を使用しながら歩かない。
(2)ショッピングモールやアパート等の駐車場おいて(車の乗り降りの際),
ア 周囲に不審な者がいないかを確認してから駐車する。
イ 人目のあるところに駐車する。
ウ 見知らぬ人が声をかけてきても,相手にしない。
エ 車には必ず鍵をかける。携帯型カーナビを車内の見える位置に置いたまま駐車しない。
(3)深夜早朝におけるタクシー利用時には,運転手の動向に注意する。

◎ 何かあれば,迷わず警察へ「911」通報する。
========================================
4.「在留届」・「帰国・変更届」の提出励行のお願い
========================================
1.当館に「在留届」を提出されている皆様で、本邦への帰国や他公館の管轄区域へ転出を予定されている方は、「帰国・変更届」を提出願います。

2.届け出用紙は当館窓口に備え付けのほか、当館HPからダウンロードできます。また、「在留届」をインターネットによる外務省HP「ORRnet」を通じ提出された方は、同「ORRnet」より手続き可能です。

3.「在留届」は、緊急時の安否確認や旅券・証明書の発給などに利用されるとともに、政府が在留邦人の教育や医療等長期的な施策を検討する上での基礎的資料にもなっています。

4.なお、所属先での後任者など、お近くに新たに日本などから転入された方がいる場合には、当館への「在留届」の提出につき、ご助言くださいますよう併せお願いいたします。
詳細はこちら
当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zairyu_todoke/zairyu_top.html

 

======================================
5. 在外選挙登録のご案内
====================================== 

アメリカに住んでいても、皆さんの一票を日本の国政に反映させることができます!

衆議院小選挙区選出議員選挙、衆議院比例代表選出議員選挙、参議院選挙区選出議員選挙、参議院比例代表選出議員選挙と、それらの補欠選挙及び再選挙に投票できます。
海外において投票を行うためには、あらかじめ管轄の在外公館(大使館、総領事館)を通じて在外選挙人名簿への登録申請を行い、『在外選挙人証』を取得しておく必要があります。
DC、VA、MDにお住まいの方は、当館で登録手続きを行ってください。(申請手数料はかかりません)。通常、在外選挙人証の交付には、2、3ヶ月程かかります
選挙直前になって慌てて登録申請を行っても、在外選挙までに在外選挙人証の取得が間に合わない場合があります。登録手続きに関する詳細は、当館のウェブサイトからご覧ください。

当館ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zaigai_senkyo/senkyo_top.html

皆様のご登録をお待ちしております。

◎既に登録がお済みの方
お手元に選挙人証はお持ちですか?住所変更記載内容に変更はございませんか?
選挙人登録がお済みでも、選挙人証がないと投票ができません。万が一、紛失した場合は、再発行ができますので、当館在外選挙係までお問合せ下さい。住所、氏名が変更になった場合も、速やかに選挙人証の変更手続きを行ってください。郵便投票をされる場合、選挙人証に記載の住所が古いままですと、郵便が届かず投票が出来ませんのでご注意ください。
『在外選挙人証』は、日本国内で住民登録をして4ヶ月が経過した場合や、日本国籍を喪失した場合などには、在外選挙人名簿から抹消されるため無効となります。
既に『在外選挙人証』をお持ちの方が、一時帰国した際に住民登録をされた場合、たとえ住民登録(転入届提出)をして4ヶ月以内に海外への転出届を提出(住民登録抹消)したとしても、住民登録の期間に関係なく、住民登録をして4ヵ月後に在外選挙人名簿から抹消されることとなりますので、改めて在外選挙人名簿への登録申請を行って、『在外選挙人証』を取得しなおす必要があります。また、日本国内に住民登録をしたまま3ヶ月経過すると、日本国内の選挙人名簿に登録され、日本国内居住者として日本国内で投票を行うこととなりますので、在外選挙制度の下での投票はできません。 

========================================
6.休館日のお知らせ(4月〜12月)
========================================
5月28日(月) Memorial Day (US)
7月 4日(水) Independence Day (US)
9月 3日(月) Labor Day (US)
10月8日(月) Columbus Day (US)、体育の日 (J)
11月 12日(月) Veterans Day (US)
11月22日(木) Thanksgiving Day (US)
11月23日(金) Day After Thanksgiving (US*)
12月 25日(火) Christmas Day (US)
12月31日(月) 年末休暇 (J)
US = 連邦政府の休日、US* = アメリカの休日、J = 日本の休日

大使館休館日には、領事窓口、広報文化センター、電話での応対等、通常業務は行っておりません。海外への渡航などで日本のパスポート(旅券)の発給を申請される場合には、発給まで時間を要しますので、現在お持ちのパスポートの有効期間を予めご確認の上、早めの手続きをお願いします。パスポートを含む当館の領事業務につきましては、下記の当館ホームページをご覧ください。http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ryoji/ryoji.html

悪天候時における当館の勤務体制は、米国連邦政府が発表する措置(5段階)に合わせています。米 国連邦政府がウェブサイト上で、レベル5の「Federal agencies are CLOSED」を発表した場合には、当館も臨時閉館となり、領事窓口も閉鎖されます。
最新の米国連邦政府の措置は以下のウェブサイトをご参照下さい。
http://www.opm.gov/status/

緊急の用件のある方は、202-238-6700(代表)に電話してください。
※大使館の休館日は、1年間の総休館日数が日本国内の官公庁と同数になるよう、米国と日本の祝休日を考慮して決めています。年間を通しての休館日は、次の当館ホームページをご覧願います。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/info/holidays.html

*******************************************************************************
当館に在留届を提出後、転居や家族構成の変更などにより「在留届」の記載事項に変更があったときや帰国する際は、必ず大使館領事部に「変更届・帰国届」を提出(FAX、郵送等)してください。在留届に関する詳細は、下記URLをご覧下さい。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zairyu_todoke/zairyu_top.html

配信に関する手続き、ご意見などは以下のホームページからお願いします。

<配信中止・配信先変更>
http:www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/us.html

<ご意見、ご感想、配信に関するお問合せなど>
日本大使館 領事班 メールマガジン係
Tel: 202-238-6700, Fax: 202-328-2184, Email: emb-consulate.dc@ws.mofa.go.jp
********************************************************************************

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |