大使館メールマガジン 《第44号》 2014年5月27日

在留邦人の皆様へ

平成26年5月27日

メールマガジン《第44号》 2014年5月27日

◎目次     

  • 安全情報について
  • ハーグ条約の発効及び「日本人支援のための相談窓口」開設のお知らせ
  • 休館日のお知らせ(5月から12月)
  • 在留届(帰国・転居に伴う変更届を含む)の提出励行のお願い
  • メールマガジン(メルマガ)の登録・変更励行のお願い


========================================
1.安全情報について
========================================
在留邦人の皆様および当地に渡航・滞在を予定されている皆様におかれましては,日頃より最新の安全情報の入手に努めるとともに,犯罪および災害に巻き込まれないよう,必要な警戒を怠らないなど十分にご注意願います。

以下は,邦人の皆様向けの情報として当館HPに掲載しておりますが,改めてご案内いたします。

〇ハリケーンシーズンに際しての注意喚起 (新着・広域情報)
〇MERSコロナウィルスによる感染症の発生(19),(20) (新着・広域情報)
〇DC市内北西地域における強盗・強事件の発生について (新着・犯罪情報)

当館HP:新着情報・広域情報:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/index.html
犯罪情報:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/anzen/kinkyu_bn/140511.html
安全情報:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/anzen/anzen.html
外務省HP:http://www.anzen.mofa.go.jp/

========================================
2.国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)及び「日本人支援のための相談窓口」開設のお知らせ
========================================
(1)国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約
2013年の第183回通常国会において,国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)の締結が承認され,国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律(条約実施法)が成立しました。

これを受け,2014年1月24日,我が国は,条約の署名,締結,公布にかかる閣議決定を行うとともに,条約に署名を行った上で,オランダ外務省に受諾書を寄託しました。この結果,我が国においては,ハーグ条約は,同年4月1日に発効しました。

(2)「日本人支援のための相談窓口」開設のお知らせ
在アメリカ合衆国日本国大使館は,NPO団体Asian/Pacific Islander Domestic Violence Resource Projectと 提携し,2013年10月1日より,主にコロンビア特別区ワシントン市、メリーランド州及びバージニア州を対象として,DV(ドメスティック・バイオレン ス)関連の問題(離婚,子の親権等)で悩んでいる邦人のために相談窓口の開設を依頼しています。相談者は日本語による以下のサービスを受けることができます。

以下は,邦人の皆様向けの情報として当館HPに掲載しておりますが,改めてご案内いたします。

当館HP:領事情報:
子の親権問題:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ryoji/shinken.html
国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約) :http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html
「日本人支援のための相談窓口」開設のお知らせ:   
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ryoji/shinken_nihonjin_shienmadoguchi.html
家庭内暴力(DV)等の相談機関・団体:日本語利用可能な機関:
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ryoji/shinken_nihongoriyo.html

========================================
3.休館日のお知らせ(平成26年5月〜12月)
========================================
大使館休館日には,領事窓口,広報文化センター,電話での応対等,通常業務は行っておりません。海外への渡航などで日本のパスポート(旅券)の発給を申請される場合には,発給まで時間を要しますので,現在お持ちのパスポートの有効期間を予めご確認の上,早めの手続きをお願いします。パスポートを含む当館の領事業務につきましては,以下の当館HPをご覧ください。

2014(平成26)年度

5月26日(月)Memorial Day (US)

7月04日(金)Independence Day (US)

9月01日(月)Labor Day (US)

10月13日(月)Columbus Day (US), 体育の日 (J)

11月 11日(火)Veterans Day (US)
27日(木)Thanksgiving Day (US)
28日(金)Day after Thanksgiving (US*)

12月 24日(水)Christmas Eve (US*)
25日(木)Christmas Day (US)
29日(月)年末休暇 (J)
30日(火)年末休暇 (J) 
31日(水)年末休暇 (J) 
US* = アメリカの休日,J = 日本の休日

通常の閉館時の緊急用件については,202-238-6700(代表)まで連絡願います。
※大使館の休館日は,1年間の総休館日数が日本国内の官公庁と同数になるよう,米国と日本の祝休日を考慮して決めています。年間を通しての休館日は,次のとおりです。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/info/holidays.html

========================================
4.在留届(帰国・転居に伴う変更届を含む)の提出励行のお願い
========================================

1.当館に「在留届」を提出されている皆様で,本邦への帰国や他公館の管轄区域へ転出を予定されている方は,「帰国・変更届」を提出願います。

2.届け出用紙は当館窓口に備え付けのほか,当館HPからダウンロードできます。また、「在留届」をインターネットによる外務省HP「ORRnet」を通じ提出された方は,同「ORRnet」より手続き可能です。

3.「在留届」は,緊急時の安否確認や旅券・証明書の発給などに利用されるとともに,政府が在留邦人の教育や医療等長期的な施策を検討する上での基礎的資料にもなっています。

4.なお,所属先での後任者など,お近くに新たに日本などから転入された方がいる場合には,当館への「在留届」の提出につき,ご助言くださいますようお願いいたします。

なお、「在留届」,「変更届」の提出方法は,次のとおりです。

  • インターネット「在留届電子届システム」(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/)による提出

 ※インターネットでの「変更届」は、「在留届」をインターネットで提出した場合に利用できます。
(当館HP:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zairyu_todoke/zairyu_change.html

○大使館領事窓口又は郵送・FAXによる提出(用紙は当館HPからダウンロードできます。)

========================================
5.メールマガジン(メルマガ)の登録・変更励行のお願い
========================================

領事関連手続きや安全情報等を電子メールにて届けるサービスです。

メールマガジン(メルマガ)をご登録頂くと,領事出張サービスや在外選挙のお知らせなどの領事業務に関する情報,また,安全対策や感染症などに関する最新情報等が受信できます。

所属先での後任者など,お近くに新たに日本などから転入された方がいる場合には,当館へのメルマガの登録につき、ご助言くださいますようお願いいたします。

○メルマガ登録に関しては,以下の当館ホームページをご案内ください。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/mail_magazine/mail.html

メルマガ配信アドレスの変更や配信を中止については,以下の当館ホームページよりお手続きください。
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=us

なお,大規模災害など緊急事態発生時に大使館より送信する「大規模災害用緊急一斉通報」は、メルマガを登録していなくても,在留届を提出されている方々へ引き続き配信されます。 在留届に関しては,変更届等の提出により常に最新情報に変更するよう重ねてお願いします。


 

 

 

 

 

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |