大使館メールマガジン 《第59号》 2014年12月10日

在留邦人の皆様へ

平成26年12月10日

在アメリカ合衆国日本国大使館メールマガジン《第59号》2014年12月10日

◎目次     

  1. バージニア州及びメリーランド州に在留する邦人の皆様及び両州に所在する日系企業関係者の皆様へ(管轄区域の変更について)
  2. 年末年始における当館領事窓口業務のご案内
  3. 旅券の管理及び有効期限切れについてのご注意
  4. ワシントン日本商工会新春祭りのご案内
  5. 休館日のお知らせ(平成26年12月及び平成27年1月〜12月)
  6. 在留届(帰国・転居に伴う変更届を含む)の提出励行のお願い
  7. メールマガジン(メルマガ)の登録・変更励行のお願い


========================================
1.バージニア州及びメリーランド州に在留する邦人の皆様及び両州に所在する日系企業関係者の皆様へ(管轄区域の変更について)
========================================

平成27年(2015年)1月1日をもちまして,当館の管轄区域として新たにバージニア州とメリーランド州が加わります。

・バージニア州(従来は在アトランタ日本国総領事館が管轄)
・メリーランド州(従来は在ニューヨーク日本国総領事館が管轄)

これにより当館(在米国日本国大使館)の管轄区域は,コロンビア特別区,バージニア州,メリーランド州となります。

なお,バージニア州及びメリーランド州に在住の在留邦人の皆様の領事業務につきましては,これまでも当館が取り扱ってきているため,今回の管轄区域変更にともなう在留届など領事関係の届出は不要ですので,併せお知らせします。

ご不明の点がありましたら当館領事班(202−238−6800)までお問い合わせ下さい。

また,当館では日本企業支援窓口を設置しております。コロンビア特別区に加え,バージニア州及びメリーランド州での企業活動に関するご相談がございましたら,以下の日本企業支援窓口にお気軽にご連絡ください。

松原(まつばら)書記官 直通:202―238―6797
FAX:202ー265―9473
メール:business-support@ws.mofa.go.jp

併せ,日本企業支援窓口ホームページもご覧下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/page22_000526.html

========================================
2.年末年始における当館領事窓口業務のご案内
========================================

1.当館領事窓口は,12月26日(金)が年内最後の開館日になります。

また,新年は1月5日(月)より各種申請等の取扱いを行います。

12月26日及び1月5日の開館時間は通常通り,午前9時15分〜12時30分, 午後1時30分〜4時30分です。

(ご注意)両日は混雑が予想されますので,予めご了承ください。

2. 年内12月26日(金)までにお引き渡しができる最終申請日は次のとおりです。

【旅券】

・旅券の新規発給,切替発給,記載事項変更については,12月17日(水)受付分まで。
・査証欄の増補は,12月26日(金)受付し即日発給が可能です。
(但し,必要書類が整っている場合のみ)

【証明】

・在留証明,署名(サイン)証明は,12月26日(金)受付し即日発給が可能です。
(但し,必要書類が整っている場合のみ)。
・その他の証明については,窓口申請の場合のみ,12月25日(木)受付分まで。

上記以外の受付及び郵便等による仮申請については,明年1月5日(月)以降の所定の日となりますので,申請時に確認する等,ご注意ください。

平成27年(2015年)の当館の休館日につきましては,以下の当館HPをご覧下さい。

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/info/holidays.html

========================================
3.旅券の管理及び有効期限切れについてのご注意
========================================

1.一時帰国や米国外への渡航を予定している在留邦人の皆様,観光・出張等で当地滞在中の 旅行者の皆様,パスポートはお手元にきちんと保管されていますか,また,有効期間の残日数は十分ですか。

2.パスポートは,日本国政府が発行する国際的身分証明書であり,渡航文書です。
パスポートを紛失したり,有効期限が切れてしまっていると,予定の期日に出国できない等のトラブルとなりますので,日頃よりその管理はしっかりと行うことが大切です。

3.本年に入り当館には,次のようなパスポート紛失に関する多数の事案が報告されています。
・出張中にホテルへの移動の際,タクシーの中に置き忘れ,問い合わせたが見つからなかった。
・日本の親族の急病の為,急遽帰国しようとしたが,既に有効期限が切れていた。

4.万が一パスポートを紛失したり,有効期限が切れてしまっている場合には,現地警察への届け出(紛失・盗 難の場合)や日本から戸籍謄(抄)本を取り寄せるなど,所要の手続きを経て新たにパスポートの発給を受ける必要があります。また,新規発給には書類完備による申請受理後,5業務日を要しますので,皆様呉々もパスポートの管理にはご注意ください。

パスポートの申請方法は,以下の当館HPをご覧下さい。

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/passport/passport_top.html

========================================
4.ワシントン日本商工会新春祭りのご案内
========================================

商工会(JCAW)から来年1月25日(日)に恒例の新春祭りを開催する旨の連絡がありました。

詳細は以下のリンクをご覧下さい。なお,今年より会場が変わっておりますのでご注意下さい。

http://jcaw.org/main/activities/events/new-year-festival-2015/

========================================
5.休館日のお知らせ(平成26年12月及び平成27年1月〜12月)
========================================

大使館休館日には,領事窓口,広報文化センター,電話での応対等,通常業務は行っておりません。海外への渡航などで日本のパスポート(旅券)の発給を申請される場合には,発給まで時間を要しますので,現在お持ちのパスポートの有効期間を予めご確認の上,早めの手続きをお願いします。パスポートを含む当館の領事業務につきましては,以下の当館HPをご覧ください。

2014(平成26)年度

12月 24日(水)Christmas Eve (US*)
    25日(木)Christmas Day (US)
    29日(月)年末休暇 (J)
    30日(火)年末休暇 (J) 
    31日(水)年末休暇 (J) 

◎2015(平成27)年度

 
 
1月   1日(木)New Year's Day(US),元旦(J)
       2日(金)年始休暇(J)
     19日(月)Birthday of Martin Luther King, Jr.(US)
  
  2月 16日(月)Washington's Birthday(US)

  4月  3日(金)Good Friday(US*)

  5月 25日(月)Memorial Day(US)

  7月   3日(金)Independence Day(US)
        20日(月)海の日(J)

  9月   7日(月)Labor Day(US)

 10月12日(月)Columbus Day(US), 体育の日(J)

 11月11日(水)Veterans Day(US)
         26日(木)Thanksgiving Day(US)
         27日(金)Day After Thanksgiving(US*)

 12月23日(水)天皇誕生日(J)
        24日(木)Christmas Eve(US*)
        25日(金)Christmas Day(US)
        29日(火)年末休暇(J)
        30日(水)年末休暇(J) 
        31日(木)年末休暇(J) 

US* = アメリカの休日,J = 日本の休日

通常の閉館時の緊急用件については,202-238-6700(代表)まで連絡願います。
※大使館の休館日は,1年間の総休館日数が日本国内の官公庁と同数になるよう,米国と日本の祝休日を考慮して決めています。年間を通しての休館日は,次のとおりです。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/info/holidays.html

========================================
6.在留届(帰国・転居に伴う変更届を含む)の提出励行のお願い
========================================

1.当館に「在留届」を提出されている皆様で,本邦への帰国や他公館の管轄区域へ転出を予定されている方は,「帰国・変更届」を提出願います。

2.届け出用紙は当館窓口に備え付けのほか,当館HPからダウンロードできます。また、「在留届」をインターネットによる外務省HP「ORRnet」を通じ提出された方は,同「ORRnet」より手続き可能です。

3.「在留届」は,緊急時の安否確認や旅券・証明書の発給などに利用されるとともに,政府が在留邦人の教育や医療等長期的な施策を検討する上での基礎的資料にもなっています。

4.なお,所属先での後任者など,お近くに新たに日本などから転入された方がいる場合には,当館への「在留届」の提出につき,ご助言くださいますようお願いいたします。

なお、「在留届」,「変更届」の提出方法は,次のとおりです。

  • インターネット「在留届電子届システム」(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/)による提出

 ※インターネットでの「変更届」は、「在留届」をインターネットで提出した場合に利用できます。
(当館HP:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/zairyu_todoke/zairyu_change.html

○大使館領事窓口又は郵送・FAXによる提出(用紙は当館HPからダウンロードできます。)

========================================
7.メールマガジン(メルマガ)の登録・変更励行のお願い
========================================

領事関連手続きや安全情報等を電子メールにて届けるサービスです。

メールマガジン(メルマガ)をご登録頂くと,領事出張サービスや在外選挙のお知らせなどの領事業務に関する情報,また,安全対策や感染症などに関する最新情報等が受信できます。

所属先での後任者など,お近くに新たに日本などから転入された方がいる場合には,当館へのメルマガの登録につき、ご助言くださいますようお願いいたします。

○メルマガ登録に関しては,以下の当館ホームページをご案内ください。
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/mail_magazine/mail.html

メルマガ配信アドレスの変更や配信を中止については,以下の当館ホームページよりお手続きください。
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=us

なお,大規模災害など緊急事態発生時に大使館より送信する「大規模災害用緊急一斉通報」は、メルマガを登録していなくても,在留届を提出されている方々へ引き続き配信されます。 在留届に関しては,変更届等の提出により常に最新情報に変更するよう重ねてお願いします。                                 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |