大使館からのお知らせ(2016年121日)

米国査証免除プログラムの利用条件の変更について

 

 日本と米国の間には査証免除取決めが結ばれており,一定の条件の下,米国は日本のパスポートを所持する者に対して,査証無しで入国審査を受けることができる査証免除プログラムを実施していますが,2015年11月に発生したパリにおける同時多発テロ事件や,同年12月にカリフォルニア州サンバーナーディノ市で発生した銃撃テロ事件を受け,米国議会において,「2015年査証免除プログラム改定及びテロリスト渡航防止法」が成立し,2016年1月21日以降,査証免除プログラムの利用条件が変更されており,今後も変更が予想されます。

 このため,査証免除プログラムを利用し,査証無しで米国への渡航を計画されている方は,以下のウェブサイト等をご覧になり,最新情報を入手されるよう十分ご注意ください。



○駐日米国大使館のウェブサイト(日本語)
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

○米国国務省のウェブサイト(英語)
https://travel.state.gov/content/visas/en/visit/visa-waiver-program.html

○米国国土安全保障省のウェブサイト(英語)
https://www.dhs.gov/news/2016/01/21/united-states-begins-implementation-changes-visa-waiver-program.html