| English
 
 
 
在外選挙とは
新規登録
記載事項の変更
再交付
投票方法
 
 
大使館メルマガ
 
 
在外選挙
 
<お知らせ>
平成30年6月1日以降は、海外への転出届と同時に市区町村の窓口で在外選挙人名簿登録ができるようになりました。総務省ホームページをご参照ください。
 
在外選挙とは
 

アメリカに住んでいても、日本の国政選挙(衆議院議員選挙及び参議院議員選挙)に参加して、皆さんの一票を日本の政治に反映させることができます。

衆議院小選挙区選出議員選挙、衆議院比例代表選出議員選挙、参議院選挙区選出議員選挙、参議院比例代表選出議員選挙と、それらの補欠選挙及び再選挙に投票できます。

海外において投票を行うためには、あらかじめ管轄の在外公館(大使館、総領事館)を通じて在外選挙人名簿への登録申請をして、『在外選挙人証』を取得しておく必要があります。在外選挙人証の交付には、登録申請書を大使館から日本国内の市区町村選挙管理委員会宛に送付してから概ね2ヶ月程度を要します。選挙前に慌てて登録申請をしても在外選挙人証の取得が間に合わない場合も考えられますので、お早めに申請して下さい(申請手数料はかかりません)。



◆日本大使館では、遠隔地にお住まいの在留邦人の皆様方からの在外選挙人名簿登録申請を受け付けすることを主目的として、「領事出張サービス」を行います。なお、領事出張サービス実施の主目的は、在外選挙人名簿登録申請の受付けでありますが、パスポートの申請(更新・新規)、その他の領事業務(証明書の発給、戸籍・国籍関係届出の受付け)もお取り扱いしております。在留届を当館に提出されている方(出張サー
ビス実施都市及びその近郊にお住まいの方)には、実施要領を届出住所に郵送します。

 


一時帰国による登録抹消
 

『在外選挙人証』は、日本国内で住民登録をして4ヶ月後や、日本国籍を喪失した場合などに在外選挙人名簿から抹消されるため無効となります。既に『在外選挙人証』をお持ちの方が、一時帰国した際に住民登録をされた場合、たとえ住民登録(転入届提出)をして4ヶ月以内に海外への転出届の提出(住民登録抹消)したとしても、住民登録の期間に関係なく、住民登録をして4ヵ月後に在外選挙人名簿から抹消されることとなりますので、改めて在外選挙人名簿への登録申請を行って、『在外選挙人証』を取得しなおす必要があります。また、日本国内に住民登録をしたまま3ヶ月経過すると、日本国内の選挙人名簿に登録され、日本国内居住者として日本国内で投票を行うこととなりますので、在外選挙制度の下での投票はできません。


関連先リンク
<>
 

外務省ホームページ
在外選挙制度の詳細についてはこちらをご覧下さい。

総務省ホームページ
選挙制度改革など選挙に関わる情報を掲載しています。


在外選挙に関するお問合せ先
 

在米国日本大使館 領事班 在外選挙係

Consular Section/Embassy of Japan
2520 Massachusetts Ave. NW
Washington DC 20008
 TEL: 202-238-6800
 FAX: 202-328-2184

 
 

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |

 

 

 

 

nbsp;