| English
 
 
 
在外選挙とは
新規登録
記載事項の変更
再交付
投票方法
 
 
大使館メルマガ
 
在米各総領事館
 
在外選挙投票方法
 
投票方法
 
在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証をお持ちの方は以下のいずれかの方法で投票を行うことができます。
在外公館投票

郵便等投票

日本国内における投票
居住地・出張先・休暇先等お近くにある在外公館投票を実施している日本大使館・総領事館に出かけて行って投票を行う方法です。
投票に際しては、「在外選挙人証」と、「パスポート」や「米国運転免許証(米国内で投票する場合)」等の本人確認書類が必要です。
当大使館での投票期間・時間は、土・日曜日も含めて公示日の翌日から日本国内の投票日の7日前までで、米国東部時間午前9時30分から午後5時までです。大使館、総領事館の各事務所毎により、投票期間が異なりますので、ご注意ください。
 投票用紙を登録地の市区町村選挙管理委員会(在外選挙人証に記載)に請求して投票用紙の交付を受けた後、公示日の翌日以降に投票用紙を記入して登録地の市区町村選挙管理委員会に郵送して投票する方法です。
投票用紙の請求は、「投票用紙等請求書」に「在外選挙人証」を添えて、国際郵便等で行います。
投票用紙の交付は、衆議院議員または参議院議員の任期満了日60日前、また衆議院の解散の場合は、解散の日から開始されますが、投票用紙の請求は交付開始の前でもできます。
 休暇や出張などで一時帰国した場合や、帰国後日本国内に住所を移したばかりで、まだ日本国内の選挙人名簿登録されていない場合(なお、日本国内の選挙人名簿には市区町村に転入届を提出してから原則として3ヶ月を経過した後に登録されます)において、日本国内の投票制度(期日前投票、不在者投票、選挙の期日当日投票)を利用して投票する方法です。
投票・投票用紙の請求に際して、「在外選挙人証」が必要です。
 
 
郵便投票をされる方へ
 

既に選挙人証をお持ちの方

選挙人証と共に同封されている『投票用紙等請求書』を記入し、お手持ちの選挙人証と共に、ご自身の選挙管理委員会へ直接ご郵送下さい(選挙管理委員会の住所は、ご自身の選挙人証に記載されています)。請求書を紛失された場合は、下記の用紙をダウンロードしてご利用下さい。郵送でのやり取りは時間がかかりますので、お時間には余裕を持って行ってください。

投票用紙等請求用紙   記入例

選挙人証をお持ちでない方

選挙日が近づいてからの新規登録に関しましては、選挙登録と郵便投票用紙等の同時受付を実施しています。上記の必要書類に加え、『投票用紙等請求書』を一緒にご提出下さい。『選挙人証』は当館より、『投票用紙』は選挙管理委員会より直接申請者に送付されます。

選挙管理委員会より郵便投票用紙等と一緒に送付される外封筒には在外選挙人の氏名在外選挙人証の交付番号が既に記載されているので、仮に在外選挙人証が受付公館から交付されていない場合でも、公示日の翌日以降郵便等投票を行うことが出来ます。

ご不明な点がありましたら、在外選挙係までお問い合わせ下さい。
 

Copyright (C): 2012 Embassy of Japan in the United States 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |