| English
戸籍目次
 
・ 戸籍・国籍の届出
・ 出生届
・ 死亡届
・ 婚姻届
・ 離婚届
・ 養子縁組
 
国籍目次
 
・ 国籍の選択
・ 国籍喪失
・ 国籍離脱届
 
参考リンク
法務局
 
 
 
出生届
 
子供が生まれたら,出生届を役場に出して親の戸籍に記載させなければなりません。
これは日本にいても外国でも同じです。
 
1.届出の期限
 
海外で生まれた子供の出生届の提出期限は,生まれた日も含めて3ヵ月以内です。期限を過ぎると受け付けられません。

例)1月9日生まれ4月8日(届出の期限)

届出の日は,窓口で受付けた日または郵便が当館に到着した日となります(休館日を除く)。詳細はこちら

なお,届出の際は,あらかじめ業務時間と休館日をご確認ください。

 
2.日本国籍の取得
 
  • 日本は「父母両系血統主義」ですので,子供が生まれたときに父または母が日本人であれば日本国籍を取得します。
  • 米国は「生地主義」を採用していますので,通常,米国内において生まれた子供は米国籍を取得します。
  • したがって,上記双方の要件を満たしている場合には日米二重国籍となります。
  • しかし,この場合,日本側(大使館・総領事館,市区町村役場)に生まれた日から数えて3ヶ月以内に日本国籍の留保意思を表示して出生届を届け出なければ出生時に遡って日本国籍を失います。つまり,米国籍のみとなります。3ヶ月の期限を過ぎると出生届を受け付けられませんので,子供の日本国籍を留保したい場合には必ず3ヶ月以内に届出をしてください。詳細はこちら
  • なお,日本人父と外国人母との婚姻前に生まれた子は,原則として,父から胎児認知されている場合を除き,出生によって日本国籍を取得することはありません。
  • しかし,平成20年12月12日に国籍法が改正され,出生後に,日本人に認知されていれば,父母が結婚していない場合にも届出によって日本の国籍を取得することができるようになりました。詳細は法務省のホームページ『国籍法が改正されました』をご覧ください
 
3.届出の大まかな流れ
 
  step by step
 
4.必要書類
 

(1)出生届書 2通(届書は窓口で入手できます)

※出生届書用紙はダウンロードできません。窓口で直接受け取るか,郵便によりご請求ください。届出書の入手方法は,こちらの請求シートからダウンロードしてください

   ☆出生届記入上の注意(必ずお読みください) ★出生届記入例


(2)医師作成の英文出生証明書原本 1通 (当館で作成した様式をご利用ください)および写し1通

または外国官公署発行の出生登録証明書原本 1通および写し1通
(ただし,出生地○○通り○○番地まで記載されていないものや,出生時刻の記載のないものや,取り寄せに時間のかかる場合もありますのでご注意ください。)

   ★証明書様式 (記入用用紙2枚が印刷できます) ★証明書記入例   

☆証明書記入上の注意(必ずお読みください)

(3)上記(2)の和訳文 2通

   ★和訳文様式 (記入用用紙2枚が印刷できます) ★和訳文記入例   

☆和訳文記入上の注意(必ずお読みください)

その他の書類につきましては,こちらをご覧ください。

出生届の届出方法につきましてはこちらをご覧ください。

出生届が戸籍に記載されるまでこちらをご覧ください。

新生児のパスポートの申請は,お子様の名前が戸籍に記載されてからになります。新生児のパス ポート申請方法はこちらを確認ください。

 
 
 
 

母子健康手帳(親子健康手帳)の配布のご案内

2017年4月10日改訂

一般社団法人親子健康手帳普及協会から提供を受けました母子手帳(親子健康手帳)を,当館管轄地域に在留する妊婦さんなど,配布対象者の方に無償で配布しています。

お申し込みをご希望の方は、こちらの配布案内・申込書をご覧ください。

お問合せ先

  • 領事班戸籍係 代表電話 : 202-238-6800

ご参考

 

 

| 法的事項 | アクセシビリティについて | プライバシーポリシー |

Copyright(C): Embassy of Japan in the United States of America 
2520 Massachusetts Avenue NW, Washington D.C. 20008
Tel: 202.238.6700 Fax: 202.328.2187