相談機関・団体一覧

2021/7/8

米国には,家庭内暴力(DV)を含め,家庭の問題に対応する相談機関・団体が多くあり,シェルター,カウンセリング,弁護士の紹介や法律相談,法的援護活動,生活困窮者に対する救済金申請支援および育児支援等の一連の情報提供を可能としています。また,これらの機関の中には,日本語での利用が可能な機関もあります。仮に日本語利用可能な機関が居住されている州になくても,他州からの相談に応じたり,適切な機関の紹介が可能な場合もあります。問題の兆候が見え始めたら,お早めに各種機関・団体にご相談ください。ハーグ条約・家庭内暴力については「当地にお住いの方へ:子の親権・連れ去り/家庭内暴力(DV)問題について」もご参照ください。


なお,本リストは一般的な情報提供として作成したもので,当館が紹介・斡旋するものではありません。各機関への連絡・照会等は直接ご自身で行っていただくようお願いいたします。また,これら機関とのトラブル等については,当館として一切責任は負えませんので,あらかじめご了承の上,ご利用下さい。


*支援内容は変更される可能性がありますので,必ず最新情報をご確認ください。

*日本語での相談をご希望される場合は,機関・団体によって通訳(対面・オンライン・電話など)を利用できる場合がありますので,ご相談される際に「Japanese, please(ジャパニーズ,プリーズ)」とお伝えください。

相談機関・団体一覧

差し迫った危機の場合

  • 警察(911)

全米の相談機関・団体

機関・団体名 支援内容・連絡先
National Domestic Violence Hotline
(全米DVホットライン)
接近禁止命令の取得,生活再生のための情報提供など。電話またはオンラインチャット
1-800-799-7233(24時間・無料相談 ホットライン)
National Sexual Assault Hotline
(全米性暴力ホットライン)
地域の支援機関の紹介,相談受付など。電話またはオンラインチャット
800-656-4673(24時間・無料相談 ホットライン)
Office of Children’s Issues
(アメリカ合衆国国務省)
ハーグ条約,国際的な子どもの誘拐・連れ去りについての相談受付
888-407-4747(米国・カナダ内)
USCIS
(アメリカ合衆国市民権・移民業務局)
DV被害を受けた方のための米国滞在資格変更の申請受付
 

当地の相談機関・団体

DMV全域

機関・団体名 支援内容・連絡先
Asian Pacific American Legal Resource Center 法律支援など
The Asian/Pacific Islander Domestic Violence Resource Project (DVRP) 情報提供,ケース・マネジメント,エンパワーメント・グループなど
Ayuda 法律相談,ケース・マネジメント,通訳など
Japanese Americans’ Care Fund 専門家紹介,サポート・グループなど
SEPTEMBER HOUSE MAJ サポートグループ、ソーシャルワーカー紹介など
The Women's Center カウンセリング、ワークショップ、法律情報提供など(DVアドボカシーはVA居住者のみ対象)

ワシントン DC

機関・団体名 支援内容・連絡先
DC Victim Hotline 24時間・無料相談(ホットライン,オンラインチャット,テキストメッセージ)
1-844-443-5732
DC Coalition Against Domestic Violence お近くの相談機関・団体の検索

メリーランド州

機関・団体名 支援内容・連絡先
Statewide Hotline 無料相談ホットライン
1-800-634-3577
Maryland Network Against Domestic Violence お近くの相談機関・団体の検索

バージニア州

機関・団体名 支援内容・連絡先
Statewide Hotline 24時間・無料相談 ホットライン
1-800-838-8238
Virginia Sexual and Domestic Violence Action Alliance お近くの相談機関・団体の検索

弁護士・通訳

当地の家族法専門弁護士・通訳リスト

 

他州の相談機関・団体

在外公館で入手できる具体的な情報提供・支援一覧(北米)