各種証明書

2021/7/7

証明書の交付については、従来から可能な限りご来館(申請)当日に行うよう努めて参りましたが、新型コロナウイルス感染症予防にかかる人員体制縮小の間は、交付までに数日お時間をいただくことがあり得ますので、ご理解とご協力をお願い致します。


各種証明書の申請方法、手数料、必要書類等、詳細については、各種証明書名をクリックしてご覧ください。当館では、公印確認・アポスティーユは取り扱っておりません。詳しくは、外務省 (公印確認・アポスティーユ)のページをご参照ください。

 

【対象】 ワシントンDC、メリーランド州、バージニア州にご在住の方、または当管轄地域に一時滞在中の方。

 

証明書の種類

在留証明 在留証明
外国のどこに住所(生活の本拠)を有しているかの証明。
不動産登記、遺産相続、年金受給や日本の学校での受験手続などに使われます。
署名(拇印)証明 署名(拇印)証明
署名(必要な場合には拇印も)が本人のものに間違いないことの証明。
日本における不動産登記、遺産相続や銀行ローンあるいは自動車名義変更手続等の際に使われます。
出生証明 出生証明
いつ、どこで出生したのかの証明。
グリーンカード申請、自動車免許証取得、扶養家族証明などに使われます。
婚姻証明 婚姻証明
誰といつから正式に婚姻関係にあるかを証明するものです。
グリーンカード申請、扶養家族証明などに使われます。
自動車免許証抜粋証明 自動車免許証抜粋証明
日本の運転免許証を持っていることを証明します。
現地での運転免許取得手続きのために使われます。
ソーシャルセキュリティーナンバー取得、保険申請用等の場合は、翻訳証明書扱いとなります。詳しくは翻訳証明をご覧ください。
旅券所持証明 パスポート(旅券)所持証明
申請者が現に有効なパスポートを所持していることを証明するものです。
米国では個人納税者番号(ITIN)取得のために使われます。
警察証明 警察証明
日本における犯罪歴の有無を証明するものです。
外国の永住権取得などの際に使われます。
翻訳証明
日本文の公文書の翻訳が原文書に忠実であることを証明するものです。
離婚証明
本人が正式にいつ離婚したかを証明するものです。
滞在資格変更手続き、離婚歴の立証又は再婚手続き等に使用されます。
申請者は日本国籍保有者に限ります。
死亡証明
事件本人(死亡者)がいつ、どこで死亡したか証明するものです。
遺産処理手続、保険金の請求等に使われます。事件本人(死亡者)は、日本人に限らず外国人でも本邦の死亡受理証明書があれば申請できます。
戸籍記載事項証明
ある特定の身分事項が戸籍謄本に記載されていることを証明するものです。
兄弟姉妹関係、養子縁組、認知、復籍のために姓が変わった経緯等の立証に使用されます。
日本人に限らず、元日本人であった外国人も申請できます。

手数料 現金のみ。クレジットカード、小切手等は不可。

証明各種 料金(2021年4月から) 料金(2021年3月末日までの申請)
在留証明・出生証明・婚姻証明・離婚証明・死亡証明・婚姻要件具備証明など $11 $11
署名証明 $16 $15
旅券所持証明・運転免許証抜粋証明 $19 $19
翻訳証明 $41 $40

お問い合わせ

在アメリカ合衆国日本国大使館 領事班 証明係
2520 Massachusetts Avenue, NW, Washington, DC 20008-2869
(202)238-6800
申請窓口受付時間 9:15-12:30, 13:30-16:30

駐車場予約

当館領事窓口にお越しの際には、事前の予約により、当館駐車場をご利用いただけます。
可能な限り前日までに、お電話でご予約ください(以下の情報をお知らせください)。

  • 来館目的(パスポートや証明書の申請・受取り、結婚届・出生届の提出など)
  • 来館予定日時
  • お車のメーカー、車種、色、ナンバープレート番号・記号・州名
  • 携帯電話番号
大使館マップ

来館当日は、大使館正面玄関前に一旦駐車し、警備員に「駐車場予約がある」旨お伝えください。身分証明・車体検査後、指定された駐車スペースに車を移動してください。